ロービジョンケア

メガネのサトーのロービジョンケアでは、視覚に障害のある方や、眼鏡を掛けても見えにくくてお困りの方のご相談を承っております。眼疾患などにより視覚障害をお持ちの方で 『これ以上視力が出ないと言われ、あきらめている方』や、『眼鏡を何度作り直しても良く見えなくてお困りの方』に、おすすめしたい商品を取り揃えて情報提供をしております。

一般的にあまり見る機会のない商品を多数展示・販売をしております。お客様に快適にお使いいただけるよう最後まで責任をもってお世話をさせていただきます。どんなことでも是非、お気軽にご相談ください。ご来店をお待ちしております。

ロービジョン商品のご紹介

エッシェンバッハ スマートルクス デジタル(Smartlux DIGITAL)
誰でもカンタンに操作できる。洗練されたドイツ製のスマートなデザイン。
アメリカ・ヨーロッパでも大ヒットした携帯型拡大読書器です。


販売価格 ¥180,000(税別)

倍率の設定
画面下の真ん中の黄色の拡大ボタンを押すことで5倍、7倍、9倍、12倍に拡大することができます。

※約5cmの間隔を空けて手に持った状態だと1.9倍、2.6倍、3.4倍、4.5倍となります。
また、紙に文章を書き込んだりする時は1.7倍、2.4倍、3.1倍、4.2倍となります。

表示モードの設定
画面下左側の赤のコントラストボタンを押すことで、フルカラー表示モード、コントラストを強調した黒/白、白/黒表示から、黒/黄、黄/黒の擬色表示まで切り替えられます。

画像を固定(静止画)にすることもできます。
画面下右側の青色の写真ボタンを押すことで、一時的に画像を固定したり、保存することも可能です。

便利で使いやすいスタンド付です。
本体裏側のスタンドは3段階式に動かすことができ、置いたままで文字を読んだり、紙に文章を書き込んだりすることができます。

3段階の明るさ調整が可能なLEDライトが付いてます。
大きさは縦174mm×幅90mm×厚み40mm、重さも約220gのコンパクトでスマートな拡大読書器です。

5年保証サービスが付いていて安心!
5年間の無償修理サービスを保証します。内蔵バッテリーも5年間の保証期間内に1回無償交換致します。
※上記サービスはいずれも弊社保証規定に基づきます。

日常生活用具給付の申請の流れ
給付決定は、障害者又は障害児の保護者からの申請に基づき、市町村が行います。利用者負担は市町村が決定します。

日常生活用具の給付の流れ

身体障害者手帳をお持ちの方
身体障害者手帳を持って市町村の福祉事務所へ行き、業者の見積書を添付して申し込み申請をする。

申請
市町村の障害福祉課へ見積書提出。

支給決定
市町村申請許可。

日常生活用具給付を受け取ります
ご本人様。

商品のお渡し
メガネのサトー自己負担分の支払い。

日常生活用具給付の等級別・給付対象
日常生活用具の給付の対象品は、障害者手帳の等級により違いがございます。下記 商品をすべて取り扱っていますが、障害等級により給付対象品の方や 給付対象外の方は全額自己負担にて購入となります。

日常生活用具の給付障害等級別耐用年数1級2級3級4級5級6級
拡大読書器8年
視覚障害者用
ポータブルレコーダー
6年××××
視覚障害者用
活字読上げ装置
6年××××
盲人用時計 (蝕読式)10年××××
盲人用時計 (音声式)10年××××
盲人用体重計5年××××
盲人用電磁調理器6年××××

障害等級別による

◎ 給付対象品です
○ 給付対象品です。ただし、条件がございます。
× 給付対象除外品 全額自己負担による購入となります。

※盲人用時計は、 触読式が基本です。音声式は触読式の使用が困難な方が原則になります。市区町村の福祉課でご相談ください。
※盲人用体重計・盲人用電磁調理器は、盲人のみの世帯 及びこれに準ずる世帯の方であれば申請ができます。市区町村の福祉課でご相談ください。

身体障害者手帳の交付について
身体障害者手帳は、身体に障害のある方が、さまざまな援護制度(公共機関、公共施設などの各種援助)を利用するために必要な手帳です。ほとんどの公的福祉サービスはこの手帳所持者に限定されています。手帳の等級は障害の種類や程度によって1級~6級までに区別されます。また、交付を受けた後に、障害の程度に変化が予想される場合には再認定を受けることができます。この認定は身体障害者福祉法に基づき、定められた指定医が所定の診断書に記入され決定されます。以下に視覚障害の場合の等級区分を示しますので、参考にして下さい。ただし、同一等級において二つの重複する障害がある場合は(視力、視野ともに障害がある場合など)1級上の等級となります。身体障害者手帳は、福祉的サービスを受けるには欠かせないものですので該当する視力、視野になってしまった方は、取得をおすすめします。

視覚障害等級について

級別視覚障害
1級両眼の視力(万国式視力表を使用して測定したものをいい、屈折異常がある場合は矯正視力について測定したものをいう)の和が0.01以下の方。
2級視力両眼の視力の和が0.02以上0.04以下の方。
視野両眼の視野がそれぞれ10度以内で、かつ両眼による視野について視野率による損失が95%以上の方。
3級視力両眼の視力の和が0.05以上0.08以下の方。
視野両眼の視野がそれぞれ10度以内で、かつ両眼による視野について視野率による損失が90%以上の方。
4級視力両眼の視力の和が0.09以上0.12以下の方。
視野両眼の視野がそれぞれ10度以内の方。
5級視力両眼の視力の和が0.13以上0.2以下の方
視野両眼による視野の1/2以上が欠けている方。
6級1(片)眼の視力が0.02以下、他眼の視力が0.6以下の方で両眼の視力の和が0.2を超える方。

※ 1級~4級:視力までが1種(要介護)、4級:視野~6級までが2種になります。
※ 両眼の視力の和とは、両眼視による累加された視力ではなく、両眼の視力を別々に測った数値の和のことである。例えば 右眼の視力が0.04、左眼の視力が0.08の場合 その和は0.12となり4級となります。
※ 指数弁は視力0.01、手動弁・明暗弁は視力0とする。

身体障害者手帳の手続き
用意するもの

  • 申請書
  • 印鑑
  • 指定医師による診断書
  • 写真(たて4cm×よこ3cm 上半身 無帽)

給付制度とは
視力障害規定に該当するようであれば市役所に行き、障害者手帳を申請する事が出来ます。視覚障害の身体障害者手帳をお持ちの方には、眼鏡・拡大読書器などが市町村福祉事務所から給付・交付される制度があります。補装具(医学的判定書が必要)とは、眼鏡・コンタクトレンズ・掛けメガネ式弱視眼鏡・焦点調節式弱視眼鏡・遮光眼鏡などがあげられます。
日常生活用具とは、拡大読書器・視覚障害者用ポータブルレコーダー・視覚障害者用活字読上げ装置・音声時計・触読式時計・盲人用体重計・盲人用電磁調理器などがあります。

PAGE TOP